守屋典郎(読み)もりや ふみお

  • 守屋典郎 もりや-ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1907- 昭和-平成時代の弁護士,経済学者。
明治40年3月12日生まれ。昭和5年弁護士開業。7年共産党にはいる。13年人民戦線事件などで検挙,投獄される。戦後,民主主義科学者協会設立に参加。戦中にかかわった紡績産業を分析,「紡績生産費分析」をあらわす。東京出身。東京帝大卒。筆名は野口八郎。著作はほかに「日本資本主義発達史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる