守屋典郎(読み)もりや ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守屋典郎 もりや-ふみお

1907- 昭和-平成時代の弁護士,経済学者。
明治40年3月12日生まれ。昭和5年弁護士を開業。7年共産党にはいる。13年人民戦線事件などで検挙,投獄される。戦後,民主主義科学者協会の設立に参加。戦中にかかわった紡績産業を分析,「紡績生産費分析」をあらわす。東京出身。東京帝大卒。筆名は野口八郎。著作はほかに「日本資本主義発達史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android