コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安並雅景 やすなみ まさかげ

美術人名辞典の解説

安並雅景

歌人・土佐藩士。通称弥三八、名は雅友、号は惟斎。谷真潮外孫。土佐高知生。和歌国学に通じ、また漢学詩文も能くした。当時雅景の短歌は鹿持雅澄長歌と共に土佐藩中無二と称され、藩主山内容堂に和歌を教授し信任も厚かった。嘉永4年(1851)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安並雅景 やすなみ-まさかげ

1780-1851 江戸時代後期の国学者,歌人。
安永9年生まれ。国学者谷真潮(ましお)の外孫。詩を大槻磐渓(おおつき-ばんけい)にまなぶ。天保(てんぽう)のころ土佐高知藩校教授館の教授,のち総宰。その和歌は鹿持雅澄(かもち-まさずみ)の長歌,池田為爽(ためちか)の雅文とともに藩中で三絶と称された。漢学にも精通した。嘉永(かえい)4年12月死去。72歳。土佐出身。通称は弥三八,八十八。号は惟斎。
【格言など】無き人をあひ見し夢のうちさめて枕に残る有明の月(妻を病でうしなったとき)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安並雅景の関連キーワード吉田正準国学者

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android