安全ベルト(読み)あんぜんベルト(英語表記)safety (life) belt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全帯ともいう。保安用品の一つ。高所,危険な場所などで作業する際,作業員があやまって落下し災害を起すのを防止するため,ベルトに巻き,これを作業地点の構造物などにロープで固着させるもの。また自動車航空機などで,衝突激動などによる被害から守るため,旅客,乗員の身体座席に固定させるベルトをいうこともあるが,これらは通常シートベルトと呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

高所で作業する人が転落しないように、しっかりした支点に引っかけるフックの付いたベルト。
自動車や飛行機などのシートベルト。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ベルトはbelt) 自動車、飛行機などで、衝突のショックから守るため、人を座席に固定するベルト。
※月は東に(1970‐71)〈安岡章太郎〉一「安全ベルトを、まるで墜落除けのオマジナイみたいに掛けているのは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android