安全マッチ(読み)あんぜんまっち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (マッチはmatch) マッチ棒の先に赤燐を用い、マッチ箱の側面に塗ってある薬品とこすりあわせなければ発火しない、現在普通に使われているマッチ。棒の先を固いものでこすると容易に発火する、黄燐を用いた初期のものに対していう。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉三「神戸は支那地方を得意として安全燐寸を製造する者多しと雖も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の安全マッチの言及

【マッチ】より

…種類は軸木の材質,容器の形状から,通常のマッチ箱に入った木軸のマッチ(家庭用並型・徳用型(家庭小型)マッチ,タバコ用マッチ,広告用マッチ),紙軸のブックマッチ(おもに広告用マッチ),パラフィンを浸透させた紙を巻き固めた蠟軸マッチ,長軸マッチ,耐水耐風マッチ等がある。以上が現在海外および日本で製造されているマッチのほとんどであり,頭薬を側薬の赤リン面に摩擦させて発火するマッチを総称して安全マッチという。このほかに頭薬を靴底や板壁などにこするだけで発火する摩擦マッチがある。…

※「安全マッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android