コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然発火 しぜんはっか spontaneous combustion; spontaneous heating

6件 の用語解説(自然発火の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然発火
しぜんはっか
spontaneous combustion; spontaneous heating

空気中で石炭,鉱石などが酸化作用のため自然に発火すること。石炭,硫化鉱などの破砕面,特に堆積粉体は空気中の酸素を吸着し酸化する性質があり発熱するが,これを冷却しなければ次第に温度が上昇し,ますます酸素を吸収してついに自然に発火するようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐はっか〔‐ハツクワ〕【自然発火】

物質が外部からの加熱なしに、酸化や分解などによって発熱し、その熱が蓄積されて自然に発火する現象。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

自然発火【しぜんはっか】

物質が空気中で常温で自然に発熱し(酸化その他の原因による),その熱が蓄積され,ついに発火・燃焼するに至る現象。たとえばセルロイドでは主成分ニトロセルロースが自然に分解し,生成した硝酸などによって酸化されて発熱し,ついには自然発火に至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんはっか【自然発火 spontaneous ignition】

可燃性物質と空気または他の酸化剤の混合系を加熱したとき,自然に炎をあげて燃えはじめる現象。口火による発火(引火pilot ignition)とともに燃焼開始の主要な形式である。自然発火の挙動は物質の種類や状態,加熱条件などによって多少変わるが,その発生の仕組みは,多くの場合,混合系内部における酸化,分解,重合などの化学反応による発熱と,外部への放熱の釣合いの基礎の上に説明できる。したがって,自然発火が起こるためには,混合系内の蓄熱過程が重要な役割を果たし,反応熱,加熱温度,混合系の規模と熱物性などが発火に大きな影響をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しぜんはっか【自然発火】

可燃性の物質が空気中に放置されたとき、分解熱・酸化熱・吸着熱などが蓄積し、その結果自然に発火する現象。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然発火
しぜんはっか
spontaneous ignition

酸素や空気中で可燃性物質を加熱した場合、ほかから口火を与えられなくてもひとりでに炎をあげて燃えることをいう。引火点や燃焼点よりも高い温度に加熱された場合におこるが、いろいろの条件によって自然発火のおこる温度(発火点)は大きく異なる。
 自然発火のためには蓄熱の過程が重要である。石炭や原綿などを大量に堆積(たいせき)すると、常温よりわずかに高い温度でも長時間放置すると内部に熱が蓄積して、中心部では温度が上昇しやがて自然に発火する。高温の場合は内部からの蓄熱の必要性は小さいから、発火は表面近くでおこるし、発火までの時間も短い。黄リンや金属カリウムなどは、室温の空気中でも自然に発火するが、これはいずれも表面の反応である。したがって黄リンは水中に、金属カリウムは石油中に貯蔵して表面を空気に触れさせなければ安全である。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然発火の関連キーワード酸化剤爆発限界オストワルト法可燃性可燃物キャブレター抗酸化剤爆発範囲支燃性酸化促進剤

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然発火の関連情報