コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治生命保険 めいじせいめいほけん

2件 の用語解説(明治生命保険の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治生命保険
めいじせいめいほけん

生命保険会社。福沢諭吉の紹介した生命保険制度の実現をはかるため,1881年門下生阿部泰蔵らにより日本で最初の生命保険会社として有限明治生命保険会社開業。 1893年明治生命保険株式会社となる。 1942年福寿生命,1943年有隣生命を合併。 1947年金融機関再建整備法により明治生命保険 (相互会社) が設立された。 1948年日本で初めて月掛保険制度を創設したほか,団体保険分野でも先鞭をつけた。 2004年1月安田生命保険と合併して商号を明治安田生命保険に変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治生命保険
めいじせいめいほけん

近代的生命保険会社の草分け。1881年(明治14)福沢諭吉(ゆきち)門下の阿部泰蔵(たいぞう)が有限明治生命保険会社を創立。1893年明治生命保険株式会社と改称。1911年「日本三会社生命表」の完成など、科学的生命保険業務の基礎を築く。また、国債引受けや生命保険会社協会の設立など、業界の指導的役割を果たした。第一次世界大戦中から三菱(みつびし)色を強め、第二次世界大戦後1945年(昭和20)には財閥解体、制限会社令の適用を受ける。1947年金融機関再建整備法に基づき相互会社として再出発、積極的に新種保険、大型商品を開発し、法人市場を開拓して安定成長を遂げる。1970年代後半からは国際化・自由化に取り組み、業際分野へも進出した。1995年(平成7)保険業法の全面改正により生命・損害保険の子会社による相互参入が可能となり、96年子会社の明治損害保険を設立した。2004年1月、安田生命保険と合併、明治安田生命保険相互会社となった。明治生命の2002年度の収入保険料2兆1847億円、総資産16兆2431億円。[田付茉莉子]
『明治生命保険相互会社編・刊『明治生命百年史』(1981) ▽明治生命保険相互会社編・刊『創業第二世紀の明治生命110年史』『目でみる明治生命の110年』(1993) ▽明治生命保険相互会社編・刊『明治生命百二十年史 1881~2001』(2003)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明治生命保険の関連情報