コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達清河 あだちせいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安達清河
あだちせいか

[生]享保11(1726).下野烏山
[没]寛政4(1792)
江戸時代中期の古学派の儒学者。僧として両部神道を学んだが,のち服部南郭に儒学を学び,江戸で家塾を開く。著書『嚮風草』『市隠草堂集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達清河 あだち-せいか

1726-1792 江戸時代中期の漢詩人。
享保(きょうほう)11年4月27日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)の修験者の家の出身。両部神道を研究したが,家業をきらって江戸の服部南郭(なんかく)の門にはいり,詩をまなぶ。自分の住居を市隠堂とよび武士や町人におしえた。寛政4年閏(うるう)2月6日死去。67歳。名は于慶,修。字(あざな)は文仲,吉甫。著作に「大東地名考」,詩集に「市隠草堂集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あだちせいか【安達清河】

1726‐92(享保11‐寛政4)
江戸中期の漢詩人。名は修。字は文仲。下野(しもつけ)の人。修験道の家に生まれたが,家業を嫌って青年時に江戸に出,服部南郭に学んで漢詩人として立った。市隠草堂という詩社を開き,一般の武士や町人を対象に漢詩を教授したことで知られる。18世紀後半から漢詩の趣味が広く普及するようになるが,多数の人に漢詩を教授することで生計を立てた清河の生き方は,その漢詩普及という時代の風潮を体現するものとされる。詩集に《市隠草堂集》(前編1775,後編1788,遺編1802)があるほか,市隠草堂の門人たちの詩を集めた《嚮風草(きようふうそう)》(初編1770,2編1784)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

安達清河 (あだちせいか)

生年月日:1726年4月27日
江戸時代中期の漢詩人
1792年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

安達清河の関連キーワード佐久間文爾伊藤鏡河生年月日三縄桂林安達修

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android