コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗義功(1) そう よしかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗義功(1) そう-よしかつ

1771-1785 江戸時代中期の大名。
明和8年10月4日生まれ。宗義暢(よしなが)の4男。安永7年対馬(つしま)(長崎県)府中藩主宗家11代となる。朝鮮との交渉の関係で一度も江戸に出府せず,将軍との対面もないまま死去し,弟富寿が藩主になりかわった。天明5年7月8日死去。15歳。幼名は猪三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗義功(1)の関連キーワード新聞キャベンディッシュ本居宣長ベルトレお蔭参り山岡浚明シュレーダー杉田玄白土御門泰邦平賀源内

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android