コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うろこscale

翻訳|scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


うろこ
scale

動物の皮膚をおおう保護小片。多数の鱗が屋根瓦のように体表に敷きつめられて,これをおおう。ただしその生物学的由来はさまざまに異なっている。魚類のものは真皮から生じた骨質のもので,小円板状のもの (多くの硬骨魚の骨鱗) ,突起が体表に突出するもの (サメ類などの楯鱗) などがある。また爬虫類や,鳥類の脚の鱗は,表皮の角質の形成物であり,哺乳類センザンコウ (有鱗目) の鱗も,表皮性のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いろ‐くず〔‐くづ〕【×鱗】

魚などのうろこ。うろくず。〈和名抄
魚など、うろこのある生き物。うろくず。
「宇治川の底に沈める―を網ならねどもすくひつるかな」〈栄花・御裳着〉

いろこ【×鱗】

《「うろこ」の古形》
うろこ。いろくず。
「高麗のあげばり十一間を―のごとくうちたり」〈宇津保・吹上下〉
頭のふけ。〈和名抄

うろ‐くず〔‐くづ〕【×鱗】

魚などのうろこ。いろくず。
「その虫は―あり」〈体源鈔〉
魚。いろくず。
「山野の獣(けだもの)、江河の―に至るまで」〈盛衰記・四〇〉

うろこ【×鱗】

《「いろこ」の音変化》
動物の体を覆って保護する硬い薄片。魚類では真皮から形成されたもの、爬虫(はちゅう)類・鳥類や哺乳類の一部では表皮が角質化したもの。こけら。
鱗形(うろこがた)」の略。
三角形をしたもの。

こけ【×鱗】

こけら(鱗)」に同じ。

こけら【×鱗】

魚・蛇などの、うろこ。こけ。

りん【×鱗】

[接尾]助数詞。魚のうろこ、また、魚の数を数えるのに用いる。「鯉一

りん【鱗】[漢字項目]

人名用漢字] [音]リン(呉)(漢) [訓]うろこ こけら
魚のうろこ。「鱗介鱗族魚鱗銀鱗逆鱗(げきりん)細鱗片鱗
うろこ状のもの。「鱗雲鱗粉鱗毛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鱗【うろこ】

動物の体表の大部分または一部分をおおうかたい小薄片。皮膚の付属物で,ヘビやトカゲ,または鳥の脚などの表皮表面の角質化による角鱗,硬骨魚の真皮の骨化による骨鱗,軟骨魚の表皮性のエナメル質と真皮性の象牙(ぞうげ)質からなる楯(じゅん)鱗などがある。
→関連項目魚鱗魚類

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いろくず【鱗】

魚などのうろこ。うろくず。 〔和名抄〕
うろこのある動物。魚・竜など。 「鵜縄うなわに逃ぐる-を/山家

いろこ【鱗】

〔「うろこ」の古形〕
うろこ。いろくず。 「御門を立てて、-の如くに造り重ねたるおとど/宇津保 藤原君
うろこのある動物。
頭のふけ。 〔和名抄〕

うろくず【鱗】

〔古くは「いろくづ」〕
魚のうろこ。〔節用集 天正本
魚。 「明暮運ぶ-の/謡曲・竹生島」

うろこ【鱗】

〔古くは「いろこ」〕
魚類・爬虫類などで体を保護するため体表をおおう小薄片。表皮の外層が角質化したものや、真皮が硬化したものがある。それによって魚の年齢を知ることがある。こけら。
家紋の一。鱗形を中心に意匠したもの。
「うろこがた」の略。

こけ【鱗】

こけら(鱗) 」に同じ。

こけら【鱗】

(魚などの)うろこ。こけ。 「散る花はさながら鯛たいの-かな/狂言・連歌十徳 天正本

りん【鱗】

( 接尾 )
助数詞。
魚のうろこの数を数えるのに用いる。 「六々三十六-を丁寧に描きたる竜/草枕 漱石
魚の数を数えるのに用いる。 「鯉一-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鱗の関連キーワード鱗木類(うろこぎるい)シュブンキン(朱文金)鱗珪石(データノート)大分県津久見市津久見レピドデンドロン類大分県大分市要町カイマントカゲパールスケールトリディマイトナンヨウスギリチア雲母シギラリアけだものうろくずスキンク側線器官ドイツ鯉イボダイいろくず松かさ病

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鱗の関連情報