コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗義調 そう よししげ

2件 の用語解説(宗義調の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗義調 そう-よししげ

1532-1589* 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)元年生まれ。宗晴康(はるやす)の長男。天文22年対馬(つしま)(長崎県)島主となり,永禄(えいろく)9年隠居。天正(てんしょう)15年豊臣秀吉の九州攻めのときふたたび島主となり,本領をみとめられる。秀吉に朝鮮の臣従をうながすように命じられ,折衝にあたった。天正16年12月12日死去。57歳。初名は義親(よしちか)。通称は彦七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

そうよししげ【宗義調】

1532‐88(天文1‐天正16)
戦国末期の対馬の大名。初め義親,刑部少輔,讃岐守,隠居後一鷗斎。1553年(天文22)襲封後,父晴康の跡をうけ島内統治に努め,おりからの倭寇に乗じるなどして朝鮮関係を一部修復し,後年壱岐に進出した松浦隆信と対立した。1566年(永禄9)隠居。79年(天正7)幼主昭景(義智(よしとし))襲封後これを補佐,87年豊臣秀吉の九州征伐にはいち早く従い,再度島主となって,本領を安堵された。【荒野 泰典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宗義調の関連キーワード中山孝親犬筑波集法華一揆景重五藤為浄鎮高祐定(3)清誉松平家忠(1)余参

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone