コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エン

デジタル大辞泉の解説

えん【宛】[漢字項目]

常用漢字] [音]エン(ヱン)(漢) [訓]あてる あて ずつ あたかも
〈エン〉
曲がる。くねる。「宛転
あたかも。まるで。「宛然
〈あて〉「宛先宛名
[難読]宛行(あてがい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【南陽】より

…人口154万(1994)。宛と呼ばれた。交通の要衝にあり,西は関中,北に行けば洛陽,北東に進めば開封,東に向かえば淮水流域,南は漢水を経て長江(揚子江)に通じ,湖北,湖南,四川,江蘇と結ばれる。…

※「宛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宛の関連キーワードシューマン:暁の歌/piano solo宛行状(あておこないじょう)宛行状(あてがいじょう)プロミスキャスモードメーリングリストPOP3サーバーあらあらかしこファックスDM大黒屋助左衛門宛てがい扶持Fbound要領を得ない宛帯・当帯知行宛行状向こう合せフェルガナ私設私書箱預金小切手自己宛手形山上宗二記

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宛の関連情報