コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝山左衛門(2代) たから さんざえもん

2件 の用語解説(宝山左衛門(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝山左衛門(2代) たから-さんざえもん

1835-1910 幕末-明治時代の歌舞伎囃子方(はやしかた)。
天保(てんぽう)6年生まれ。5代望月太左衛門の門弟。6代太左衛門の襲名争いに敗れ,初代宝山左衛門の実子から2代の名跡をゆずりうける。明治38年7代太左衛門の襲名に対抗して6代太左衛門と改名。明治43年12月20日死去。76歳。本名は田中次郎兵衛。前名は望月鶴三郎,福原百之助(2代)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宝山左衛門(2代)

没年:明治43.12.20(1910)
生年:天保6(1835)
江戸後期・明治期の歌舞伎囃子方。望月太十郎の子。5代目望月太左衛門の門弟。本名,田中次郎兵衛。前名望月鶴三郎,2代目福原百之助。のち6代目望月太左衛門。明治2(1869)年,望月太喜蔵が6代目太左衛門を襲名したのを不満として静岡へ移り,同地に住む初代宝山左衛門の実子で振付師をしていた花川蝶十郎から親の名跡を譲り受け,2代目宝山左衛門を名乗って帰京,明治期の歌舞伎囃子界で中心人物のひとりとして活躍した。38年,7代目望月太左衛門の襲名に対抗し,太喜蔵の6代目を無視して6代目望月太左衛門を名乗った。ここにふたり太左衛門の時代が出現したが,山左衛門の太左衛門が没して,この対立は自然解消した。実子が3代目を継いだが,これは「ほう・さんざえもん」とも称したという。

(小林責)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝山左衛門(2代)の関連キーワード宝山左衛門(初代)藤舎芦船(初代)望月太意之助(初代)望月太左衛門(初代)望月太左衛門(2代)望月太左衛門(3代)望月太左衛門(4代)望月太左衛門(5代)望月太左衛門(8代)望月太之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone