コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝永水府大平記 ほうえいすいふたいへいき

世界大百科事典 第2版の解説

ほうえいすいふたいへいき【宝永水府大平記】

水戸藩は1706年(宝永3)松波勘十郎を頼み,年貢増徴,専売制改組,内陸舟運路建設など財政立直しのための〈宝永改革〉を展開した。しかし08年末から全藩農民の反対運動が盛んになり,09年1月には数千人が江戸に上って藩邸と交渉を重ね,将軍徳川綱吉の葬儀に臨む藩主の駕を道に阻止する態勢を組むことで藩を屈服させ,松波の罷免,改革の停止をかちとった。この事件の経過を伝える民間記録の一つが本書である(原本は茨城県日立市大内隼男所蔵,《日本思想大系》58所収)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

宝永水府大平記の関連キーワードカスパルカスパルイーブリンイーブリンシュリューターペドロ2世[ポルトガル王]アルバカーキ清水貞徳関口流錦文流

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android