コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実検使 じっけんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実検使
じっけんし

古代,中世において,朝廷,幕府,荘園領主などが非常の事件の生起にあたり,その監察のために派遣した者。室町幕府では検使と呼ばれ,奉行人がこれをつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じっけん‐し【実検使】

古代・中世、訴訟災害刑事事件などが起こったとき、実情を調査し、報告するために派遣された臨時の職。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じっけんし【実検使】

中世、非常の事件の視察・調査に赴かせた臨時職。検使。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

実検使の関連キーワード視察古代検見

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android