コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検使 けんし

3件 の用語解説(検使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検使
けんし

事実を按検するために派遣する使者。殺傷,変死などを検視する役人で,鎌倉時代には実検使と呼ばれ,室町時代から検使と称した。江戸時代には検使の制度が整い,大名領内の騒擾,城の明渡し,また大名,旗本の切腹などには,格式に応じて検使が選定され,検屍の役を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けん‐し【検使】

中世、事実を見届けるために派遣される使者。実検使。
江戸時代、殺傷・変死の現場に出向いて調べること。また、その役人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けんし【検使】

中世、事実を検視するために出される使い。実検使じつけんし
江戸時代に、殺人・傷害事件などを調べること。また、その役人。
江戸時代に、切腹の場に立ち会いそれを見届けること。また、その役人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検使の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾ひょうど中町

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検使の関連情報