コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣命書(き) センミョウガキ

百科事典マイペディアの解説

宣命書【せんみょうがき】

宣命祝詞(のりと)などで行われた表記法。自立語は漢字で大きく,助詞・助動詞・活用語尾などは万葉仮名で小さく右寄せ,または2行に割って小さく書かれた。漢文的表記法をまじえているが,後の漢字仮名交り文につながっていく文体である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の宣命書(き)の言及

【文語体】より


[宣命体]
 祝詞(のりと)や宣命に用いられた文体で,古くから形式の固定していたものである。もとは漢字も万葉仮名も同じ大きさで記したらしいが,やがて漢字を大きく万葉仮名を小さく右に寄せて書く〈宣命書〉の形となった。この文体は古く奈良時代から存し,平安時代以後も長く伝統的な文体として後世に及び,中世以降の和漢混淆文の類に影響を及ぼした点もある。…

※「宣命書(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宣命書(き)の関連キーワード宣命体吏読