(読み)せん

精選版 日本国語大辞典「宣」の解説

せん【宣】

〘名〙
① 勅旨を述べ伝えること。また、それを記した文書。宣旨。勅宣。
※九条公爵家所蔵延喜式裏文書‐宝亀四年(773)二月八日・太政官符案「被内臣正三位藤原朝臣宣偁、奉勅、件人等改本姓、賜安倍猨嶋姓者、省宜承知、准勅施行、符到奉行
※愚管抄(1220)五「諸国七道へ宮の宣とて武士を催さるる文どもを」
② 官衙(かんが)の命令。また、将軍・諸侯などの出す命令。
※百座法談(1110)二月二八日「司馬いよいよ随喜して国内に宣をくだして仏法をなむあがめたてまつりける」
③ 広く告げ知らせること。ひろめること。宣伝。

の‐た・ぶ【宣】

〘他バ四〙 (動詞「のる(宣)」に四段活用動詞「たぶ(賜)」の付いた「のりたぶ」の変化したもの) 「のたまう(宣)」に同じであるが、語の性質は「のとうぶ(宣)」に近い。
※大鏡(12C前)五「ぬしののたふ事も、あまのがはをかきながすやうに侍れど」
※書紀(720)天智一〇年正月(北野本訓)「冠位の法度(のり)の事を施(ノタヒ)行ひたまふ」

せん‐・する【宣】

〘他サ変〙 せん・す 〘他サ変〙 広く告げ知らせる。また、一方的に重大なことを言いわたす。宣告する。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)四月甲午「従三位中務卿石上朝臣乙麻呂宣」
※清国に対する宣戦の詔勅‐明治二七年(1894)八月一日「朕、茲に清国に対して戦を宣す」

せん‐・す【宣】

〘他サ変〙 ⇒せんする(宣)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宣」の解説

せん【宣】

勅旨をのべ伝えること。また、それを書き記した文書宣旨(せんじ)。
「内覧の―をかうぶりて」〈神皇正統記・一条〉

せん【宣】[漢字項目]

[音]セン(呉)(漢) [訓]のべる のる のたまう
学習漢字]6年
広く意向を述べ伝える。「宣言宣告宣誓
広く行き渡らせる。「宣教宣伝宣揚
天子や神が意向を述べる。「宣旨(せんじ)宣命(せんみょう)院宣(いんぜん)託宣勅宣
[名のり]すみ・つら・のぶ・のり・ひさ・ふさ・むら・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【公家様文書】より

…その淵源は二つに分けられる。一つは奈良時代に,仰せ,命令の意で広く用いられていた宣の系譜を引く内侍宣(ないしせん),宣旨(せんじ),口宣案(くぜんあん),官宣旨(弁官下文),国司庁宣,大府宣などである。内侍宣は,天皇に近侍して奏宣をつかさどる内侍司の女官が天皇の仰せを伝えるものであるが,薬子の変を機に蔵人所が置かれ(810),蔵人が天皇の仰せを,太政官の上卿に伝えるようになった。…

※「宣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android