コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮城十二門 きゅうじょうじゅうにもん

1件 の用語解説(宮城十二門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうじょうじゅうにもん【宮城十二門】

日本古代の宮城の最外郭を囲む宮城垣に開く門。大宝令では外門という。4面各3門ずつの計12門あるので,宮城十二門と通称する。ただし平安宮での宮城門は東・西面に上東門,上西門も加えられる。藤原宮,平城宮,長岡宮と平安宮の創建当初には,古くから門の守衛を職務とした氏族の名を門号としていたが,818年(弘仁9)氏族名の門号の音を基にして中国的な名称に改めた。各門の配置は平安宮は表のとおりで,長岡宮は東面3門が北から県犬養(あがたいぬかい)門,山門,建部門となる点だけが異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮城十二門の関連キーワード修理宮城使宮城大学三の丸城闕外の重平安宮北闕取囲む紫の宮宮城鶴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone