コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮城十二門 きゅうじょうじゅうにもん

1件 の用語解説(宮城十二門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうじょうじゅうにもん【宮城十二門】

日本古代の宮城の最外郭を囲む宮城垣に開く門。大宝令では外門という。4面各3門ずつの計12門あるので,宮城十二門と通称する。ただし平安宮での宮城門は東・西面に上東門,上西門も加えられる。藤原宮,平城宮,長岡宮と平安宮の創建当初には,古くから門の守衛を職務とした氏族の名を門号としていたが,818年(弘仁9)氏族名の門号の音を基にして中国的な名称に改めた。各門の配置は平安宮は表のとおりで,長岡宮は東面3門が北から県犬養(あがたいぬかい)門,山門,建部門となる点だけが異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone