コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎十四郎(初代) みやざき じゅうしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎十四郎(初代) みやざき-じゅうしろう

1667-1723 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
寛文7年生まれ。宮崎伝吉の門弟。江戸山村座で,天和(てんな)から元禄(げんろく)にかけて若衆方として名があった。のち立役(たちやく)に転じ,武道事を得意とした。享保(きょうほう)8年2月25日死去。57歳。前名は宮崎式部,宮崎重四郎。俳名は巴十。屋号は巴屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮崎十四郎(初代)の関連キーワード瀬尾昌琢堀越三右衛門クレメンス9世解析学デ・ウィット特権マニュファクチュアドゥブロブニクドライデンリッチモンド(伯・公家)部落問題

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone