コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎学 みやざき まなぶ

2件 の用語解説(宮崎学の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎学 みやざき-まなぶ

1949- 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和24年8月10日生まれ。昭和47年精密機器メーカーを退社。フリーとなって動物写真にとりくみ,夜間の自動撮影装置などを工夫して独自の分野を開拓する。平成2年土門拳賞,7年日本写真協会年度賞,講談社出版文化賞写真賞。長野県出身。写真集に「ふくろう」「けもの道」「鷲と鷹」「アニマル黙示録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮崎学
みやざきまなぶ
(1949― )

動物写真家。長野県上伊那郡生まれ。中学を卒業後、精密機器製作会社に勤務する。仕事のかたわら写真を撮りつづけ、長野県写真連盟の支部である旭光(きょっこう)カメラクラブに半年間所属する。1966年(昭和41)『アサヒカメラ』誌の月例コンテストに滑空するムササビの写真が入選する。以後、カメラ雑誌の月例コンテストへの入賞を重ねる。
 72年に会社をやめ、フリーランスの写真家として活動を始める。中央アルプスのふもと、長野県南部の伊那谷に居をかまえ、動植物に恵まれた環境を生かして動物写真を撮りつづける。動物たちの通り道に自動撮影装置を取りつけ、野生の姿を撮影した「けもの道」のシリーズなど、ニホンカモシカ、ニホンザル、フクロウなどの哺乳類や猛禽類の撮影で独自の分野を開拓し、自然雑誌『アニマ』や図鑑、単行本などに作品を発表する。
 78年に最初の個展「けもの道」をニコンサロン(東京、大阪)で開催。同年、写真集『ふくろう』(1977)により絵本にっぽん大賞を受賞する。79年に写真集『けもの道』を刊行。82年『鷲と鷹』(1981)により日本写真協会新人賞、90年(平成2)『フクロウ』(1989)により土門拳賞を受賞。95年、写真週刊誌『FRIDAY』に連載した「アニマル黙示録」および写真集『死』(1994)により講談社出版文化賞、日本写真協会年度賞を受賞する。
 近年は、動物の生態を通して人間社会が抱える問題を浮かび上がらせることをテーマに制作活動を展開。
 そのほかの主な著書に『からす』(1976)、『けもの道の四季』(1984)、『鷲鷹ひとり旅』(1987)、『樹想』(1997)などがある。[関次和子]
『『からす』(1976・福音館書店) ▽『ふくろう』(1977・福音館書店) ▽『けもの道』(1979・共立出版) ▽『鷲と鷹』(1981・平凡社) ▽『僕は動物カメラマン』(1983・どうぶつ社) ▽『けもの道の四季』(1984・平凡社) ▽『鷲鷹ひとり旅――孤高の猛禽を追って』(1987・平凡社) ▽『フクロウ』(1989・平凡社) ▽『死――Death in Nature』(1994・平凡社) ▽『アニマル黙示録』(1995・講談社) ▽『野生動物が見つめるゴミ列島』(1996・太郎次郎社) ▽『樹想』(1997・アウレット) ▽「ネイチャー・ワールド――地球に生きる」(カタログ。1997・東京都写真美術館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎学の関連キーワード中平卓馬白川義員須田一政田原桂一冨成忠夫橋口譲二早崎治樋口健二松本徳彦山崎博

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎学の関連情報