コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮廷政治 きゅうていせいじ

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうていせいじ【宮廷政治】

政治的決定が被治者と隔絶した〈宮廷〉においてなされる政治をいう。宮廷政治は,被治者が政治勢力として政治過程に関与することがなく,また,支配層も君主あるいは独裁者の対抗勢力になりうるだけの力をもっておらず,君主(あるいは独裁者)の周囲に集まって宮廷貴族,宮廷官僚層を形成している場合に成立する。この場合,宮廷内の政治過程が被治者に公開されていないため,政治的決定は君主(あるいは独裁者)の命令の形で表現される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宮廷政治の関連キーワードゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンビットリオ・エマヌエレ(2世)オックスフォード(伯)キョセム・スルタンダレイオス[3世]ルイ[11世]パルムの僧院土御門通親政治的腐敗姉小路公知朝彦親王テッシン九条家三代集晃親王源通親陰謀

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮廷政治の関連情報