コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松魯中(初代) ふじまつ ろちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士松魯中(初代) ふじまつ-ろちゅう

1797-1861 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
寛政9年生まれ。新内節中興の祖。2代鶴賀鶴吉の門人だったが破門され,のち富士松家を再興して富士松加賀太夫魯中,ついで富士松魯中と改名,家元となる。新作に専念し「真夢(まさゆめ)」「弥次喜多(やじきた)」など多数の作品をのこした。文久元年6月20日死去。65歳。本名は野中彦兵衛。前名は鶴賀加賀八太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

富士松魯中(初代)

没年:文久1.6.20(1861.7.27)
生年:寛政9(1797)
江戸後期の新内節中興の祖。本名野中彦兵衛。前名鶴賀加賀八太夫。2代目鶴賀鶴吉の門にいたが,鶴吉の娘ひでとの恋愛問題で鶴賀派を追われ,一時都路加賀太夫を名乗っていたが,まもなく,薩摩掾以来絶えていた富士松姓を再興し,富士松加賀太夫魯中,のちには俳名のみを使って富士松魯中と称し活動した。鶴賀派から従来の新内節を語ることを禁止されたため,新作浄瑠璃の創作に専念せざるを得なくなったが,初代富士松紫朝ら高弟の力添えもあって,多くの新作を生み出した。「弥次喜多」「真夢」が代表作。当時は新内節と区別して富士松節と称していたが,現在では,鶴賀・富士松両派とも新内節と称する。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

富士松魯中(初代)の関連キーワードティークサルジニア王国イタリア文久炭酸塩岩脈サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)アーガー・ムハンマドウルストンクラフト

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone