富岡恋山開(読み)とみがおかこいのやまびらき

世界大百科事典 第2版の解説

とみがおかこいのやまびらき【富岡恋山開】

歌舞伎狂言。通称《二人(ににん)新兵衛》。初世並木五瓶作。1798年(寛政10)正月,《着衣始小袖曾我(きそはじめこそでそが)》の二番目世話狂言として江戸桐座初演玉屋新兵衛を3世市川八百蔵,出村新兵衛を3世沢村宗十郎,三国屋小女郎・おえんを3世瀬川菊之元禄(1688‐1704)ごろからの古い俗謡に歌われた越前三国のの遊女小女郎と玉屋新兵衛の情話に取材。五瓶は大坂で吾八と名のっていた1775年(安永4)に《三国湊名所帷子》でこの題材を扱っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

富岡恋山開
とみがおか こいのやまびらき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
並木五瓶(1代)
初演
寛政10.1(江戸・桐座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android