コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒河江城 さがえじょう

1件 の用語解説(寒河江城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

さがえじょう【寒河江城】

山形県寒河江市にあった室町時代の平城(ひらじろ)。鎌倉時代、寒河江荘は幕府政所の別当(長官)だった大江広元に与えられ、嘉禄(かろく)年間(1225~27)に広元の後裔で寒河江荘の地頭となった大江親広(ちかひろ)が居館を建設したのが寒河江城の起源とされている。以後、18代にわたって大江氏(寒河江氏)の居城となった。大江氏は南北朝時代には南朝方に属していたが、北朝方の山形城の斯波(最上)氏に敗北して北朝方に降った。第8代の大江時氏の時に、居館を修築して東西約400m、南北約550mの城域に本丸、二の丸、三の丸を配し、三重の堀を持った平城となった。このころ、大江氏は寒河江氏を称するようになった。その後、寒河江氏は最上川西部に8万石を擁する大勢力となったが、1584年(天正12)に出羽の統一を進める山形城の最上義光との戦いに敗れ滅亡した。その後、同城は義光に降った一族の寒河江肥前が城主となったが、肥前は義光の死去に際して殉死し、同城は空城となった。1622年(元和8)の最上氏改易後、鳥居忠政が山形藩主となると、寒河江城は鳥居氏の預かりとなり、二の丸、三の丸などの土塁が崩され、1636年(寛永13)、鳥居氏の改易にともない廃城となった。現在、本丸跡は寒河江小学校になっており、同校の敷地内に城址碑が建っている。平城だったこともあり、城の遺構はほとんど残っていないが、三の丸にあった辰巳門は同市内の澄江寺の山門として移築されて現存し、寒河江市指定有形文化財となっている。JR左沢(あてらざわ)線寒河江駅から徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒河江城の関連キーワード寒河江市寒河江川山形城寒河江寒河江[市]青山豊女岩下富蔵菊地藤五郎寒河江親広日東ベスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone