コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛政の三奇人 カンセイノサンキジン

3件 の用語解説(寛政の三奇人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんせい‐の‐さんきじん〔クワンセイ‐〕【寛政の三奇人】

寛政期、尊王・外交の問題に強い関心を示したあまり、奇行もあったという、林子平高山彦九郎蒲生君平(がもうくんぺい)の三人をさす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんせいのさんきじん【寛政の三奇人】

林子平・高山彦九郎・蒲生君平の三人。ともに寛政期に生き、その尊皇・憂国の言動は奇行とみられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛政の三奇人
かんせいのさんきじん

江戸後期の寛政(1789~1801)のころ、海防の緊要性を説き『海国兵談』を著した林子平(しへい)、勤王を提唱し諸国を遊説した高山彦九郎(ひこくろう)、歴代天皇陵の荒廃を嘆き『山陵志(さんりょうし)』を編纂(へんさん)した蒲生君平(がもうくんぺい)の3人は、ともに奇行の多いことで有名であった。幕末には、この3人をまとめて三奇人とか三奇士と称した。もちろん単に奇行のみならず、時弊を先取りして嘆じ、また幕末に中心的な課題となる国防や尊王を、早く寛政のころに論じた3人の共通性が、この呼称の背景にあった。[竹内 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寛政の三奇人の言及

【蒲生君平】より

…また,ロシア軍艦の北辺出現を契機として1807年に《不恤緯(ふじゆつい)》を著し,幕閣に危機意識と海防の必要性を訴えた。林子平,高山彦九郎とともに〈寛政の三奇人〉と呼ばれる。《蒲生君平全集》がある。…

※「寛政の三奇人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寛政の三奇人の関連キーワード古賀侗庵外交青書ティーチングマシン類題ブシネスクの問題(力学)ブシネの問題松永信雄シューマン:パピヨン/piano solo西村 朗横に強い

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone