寛政の三奇人(読み)カンセイノサンキジン

大辞林 第三版の解説

かんせいのさんきじん【寛政の三奇人】

林子平・高山彦九郎・蒲生君平の三人。ともに寛政期に生き、その尊皇・憂国の言動は奇行とみられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛政の三奇人
かんせいのさんきじん

江戸後期の寛政(1789~1801)のころ、海防の緊要性を説き『海国兵談』を著した林子平(しへい)、勤王を提唱し諸国を遊説した高山彦九郎(ひこくろう)、歴代天皇陵の荒廃を嘆き『山陵志(さんりょうし)』を編纂(へんさん)した蒲生君平(がもうくんぺい)の3人は、ともに奇行の多いことで有名であった。幕末には、この3人をまとめて三奇人とか三奇士と称した。もちろん単に奇行のみならず、時弊を先取りして嘆じ、また幕末に中心的な課題となる国防や尊王を、早く寛政のころに論じた3人の共通性が、この呼称の背景にあった。[竹内 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんせい【寛政】 の 三奇人(さんきじん)

江戸中期、尊皇、外交に特に関心を示した林子平、高山彦九郎、蒲生君平の三人の称。いずれも幕藩体制動揺期の寛政の頃諸国を歩き、憂国・尊皇の言動が世に奇行とみられたところからいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寛政の三奇人の言及

【蒲生君平】より

…また,ロシア軍艦の北辺出現を契機として1807年に《不恤緯(ふじゆつい)》を著し,幕閣に危機意識と海防の必要性を訴えた。林子平,高山彦九郎とともに〈寛政の三奇人〉と呼ばれる。《蒲生君平全集》がある。…

※「寛政の三奇人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android