コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺町通 てらまちどおり

2件 の用語解説(寺町通の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕寺町通(てらまちどおり)


京都市の市街地東部を南北に通じる街路。北区の鞍馬口(くらまぐち)通から下京(しもぎょう)区の五条(ごじょう)通まで通じる。平安京の東端をなした東京極大路(ひがしきょうごくおおじ)にあたる。豊臣秀吉(とよとみひでよし)の京都市街改造により洛中(らくちゅう)の寺院の約3分の1が集められ、寺町が形成された。現在、寺院は移転などにより減少。三条通から四条通にかけては東の新京極一体化した繁華街となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺町通
てらまちどおり

京都市の北は鞍馬口(くらまぐち)通から南は五条通までの街路名。豊臣(とよとみ)秀吉が京都市街復興にあたって新たに築造した御土居(おどい)の鴨(かも)川に接する東側の部分に、市街防衛の目的も兼ねて、洛中(らくちゅう)の寺院の3分の1を集めたのが起源。現在、寺の数は少なくなったが、都心商店街の一部をなし、老舗(しにせ)も多い。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺町通の関連キーワード千本通り富小路馬代通り釜座通り川端通り浄福寺通り智恵光院通り東大路通り坊城通り室町通り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寺町通の関連情報