コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺町通 てらまちどおり

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕寺町通(てらまちどおり)


京都市の市街地東部を南北に通じる街路。北区の鞍馬口(くらまぐち)通から下京(しもぎょう)区の五条(ごじょう)通まで通じる。平安京の東端をなした東京極大路(ひがしきょうごくおおじ)にあたる。豊臣秀吉(とよとみひでよし)の京都市街改造により洛中(らくちゅう)の寺院の約3分の1が集められ、寺町が形成された。現在、寺院は移転などにより減少。三条通から四条通にかけては東の新京極と一体化した繁華街となった。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺町通
てらまちどおり

京都市の北は鞍馬口(くらまぐち)通から南は五条通までの街路名。豊臣(とよとみ)秀吉が京都市街復興にあたって新たに築造した御土居(おどい)の鴨(かも)川に接する東側の部分に、市街防衛の目的も兼ねて、洛中(らくちゅう)の寺院の3分の1を集めたのが起源。現在、寺の数は少なくなったが、都心商店街の一部をなし、老舗(しにせ)も多い。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寺町通の関連キーワード京都府京都市中京区大文字町京都府京都市下京区植松町京都府京都市上京区扇町中野市右衛門(初代)銭屋惣四郎(2代)京都市歴史資料館高田(新潟県)糸竹初心集西山 英雄阪東文治郎上立売通り清浄華院梨木神社織田武雄豊臣秀吉二条通り典仁親王祇園祭中京区廬山寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺町通の関連情報