コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対日援助見返資金(読み)たいにちえんじょみかえりしきん

世界大百科事典 第2版の解説

たいにちえんじょみかえりしきん【対日援助見返資金】

第2次大戦後,アメリカの対日援助について,それに見合う円換算額を他の財政資金とは別に積み立て,経済の再建,通貨の安定を図るために運用した特別会計。見返資金ともいう。正称は米国対日援助見返資金特別会計といい,ドッジ・ラインの一環として1949年4月GHQの指令に基づき,〈米国対日援助見返資金特別会計法〉により,日本銀行に政府名義の〈対日援助見返資金特別勘定〉を設置した。援助そのものは52年度で終わったが特別会計は53年7月まで存続し,以降その会計の資産は新設の産業投資特別会計に引き継がれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報