将来推計人口(読み)ショウライスイケイジンコウ

デジタル大辞泉の解説

しょうらい‐すいけいじんこう〔シヤウライ‐〕【将来推計人口】

国連や各国政府が推計した将来人口。日本では、直近の国勢調査による人口数を基に、出生率死亡率などを考慮して推計し、国立社会保障・人口問題研究所がほぼ5年ごとに作成、公表する。→地域別将来推計人口人口推計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

将来推計人口

出生や死亡、人の流出入などのデータをもとに、50年後の人口を見通した統計。国勢調査に合わせてほぼ5年ごとに見直される。結果は公的年金・医療・介護など社会保障の財政見通しをはじめ、さまざまな政策立案の基礎データとなる。

(2012-01-30 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうらいすいけいじんこう【将来推計人口】

推計で求めた将来の人口規模や構造。厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が国勢調査に基づいて五年に一度推計する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

将来推計人口の関連情報