コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小串 こぐし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小串
こぐし

山口県西部,響灘に面した下関市の旧町域。 1956年豊浦町に編入。 2005年1市3町との合体により下関市となった。沿海部は背後の花崗岩丘陵からの流砂のため,砂浜海岸が続き,風光に優れる。エヒメアヤメ自生南限地帯と大吼谷蝙蝠洞 (おおごうやこうもりどう) は国の天然記念物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

こぐし【小串】

小さな切り身の焼き魚などに刺す細くて小さい串。また、これを刺した料理。折詰や弁当、高級料理に用いる。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の小串の言及

【新魚目[町]】より

…基幹産業は古くから盛んな漁業で,とくに定置網による漁獲は漁業生産高の大半を占めている。近年は養殖漁業にも力を入れ,小串(こぐし)には大規模な浅海漁場が造成された。西海岸には曾根火山の火口壁が海食により削り取られた赤嶽(あかだき)とよばれる赤色の断崖があり,番嶽からの景観,町内9ヵ所の天主堂など見どころが多い。…

※「小串」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小串の関連情報