コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出正吾 コイデショウゴ

3件 の用語解説(小出正吾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こいで‐しょうご〔‐シヤウゴ〕【小出正吾】

[1897~1990]児童文学作家。静岡の生まれ。明治学院大学教授、三島市教育委員長などを歴任。キリスト者としてのヒューマニズムに基づく作品を発表、英米の児童文学の訳書も多い。童話集「白い雀(すずめ)」「ジンタの音」、絵本「のろまなローラー」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出正吾 こいで-しょうご

1897-1990 昭和時代の児童文学作家。
明治30年1月5日生まれ。中学時代に受洗。昭和10年明治学院教授。戦後は三島市教育委員長をつとめる。キリスト教ヒューマニズムにたって創作をつづけ,50年童話集「ジンタの音」で野間児童文芸賞。ほかに絵本「のろまなローラー」など。平成2年10月8日死去。93歳。静岡県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小出正吾
こいでしょうご
(1897―1990)

児童文学者。静岡県三島(みしま)に生まれる。早稲田(わせだ)大学商科卒業。明治学院大学教授、三島市教育委員長などを務める。童話集『白い雀(すずめ)』(1940)で注目されて以来、短編童話集、英米児童文学の訳書が多い。代表作は『ジンタの音』(1974。野間児童文芸賞受賞)。子供の日常心理をよく描き、キリスト教ヒューマニズムにたつ温雅な作風をもつ。[関 英雄]
『『ジンタの音』(偕成社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小出正吾の関連キーワード石森延男森絵都稲垣昌子岡本良雄加藤多一菅忠道那須田淳浜野卓也森はな横谷輝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone