コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出正吾 コイデショウゴ

デジタル大辞泉の解説

こいで‐しょうご〔‐シヤウゴ〕【小出正吾】

[1897~1990]児童文学作家。静岡の生まれ。明治学院大学教授、三島市教育委員長などを歴任。キリスト者としてのヒューマニズムに基づく作品を発表、英米の児童文学の訳書も多い。童話集「白い雀(すずめ)」「ジンタの音」、絵本「のろまなローラー」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出正吾 こいで-しょうご

1897-1990 昭和時代の児童文学作家。
明治30年1月5日生まれ。中学時代に受洗。昭和10年明治学院教授。戦後は三島市教育委員長をつとめる。キリスト教ヒューマニズムにたって創作をつづけ,50年童話集「ジンタの音」で野間児童文芸賞。ほかに絵本「のろまなローラー」など。平成2年10月8日死去。93歳。静岡県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小出正吾
こいでしょうご
(1897―1990)

児童文学者。静岡県三島(みしま)に生まれる。早稲田(わせだ)大学商科卒業。明治学院大学教授、三島市教育委員長などを務める。童話集『白い雀(すずめ)』(1940)で注目されて以来、短編童話集、英米児童文学の訳書が多い。代表作は『ジンタの音』(1974。野間児童文芸賞受賞)。子供の日常心理をよく描き、キリスト教ヒューマニズムにたつ温雅な作風をもつ。[関 英雄]
『『ジンタの音』(偕成社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小出正吾の関連キーワード酒井朝彦昭和時代白い雀小出

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android