じんた(読み)ジンタ

デジタル大辞泉の解説

じんた

《その演奏が「ジンタッタ、ジンタッタ」と聞こえるところから。多く「ジンタ」と書く》サーカス・映画館の客寄せや宣伝などのために通俗的な楽曲を演奏する小人数楽隊、またその音楽の俗称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんた

〔「ジンタッタ、ジンタッタ」と聞こえるためという〕
街頭宣伝やサーカスの人寄せなどをする吹奏楽隊、またその吹奏楽をさす大正期以後の俗称。太鼓・クラリネット・らっぱなどを用い、小人数で通俗曲を奏する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じんたの関連情報