コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じんた ジンタ

デジタル大辞泉の解説

じんた

《その演奏が「ジンタッタ、ジンタッタ」と聞こえるところから。多く「ジンタ」と書く》サーカス・映画館の客寄せや宣伝などのために通俗的な楽曲を演奏する小人数楽隊、またその音楽の俗称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんた

〔「ジンタッタ、ジンタッタ」と聞こえるためという〕
街頭宣伝やサーカスの人寄せなどをする吹奏楽隊、またその吹奏楽をさす大正期以後の俗称。太鼓・クラリネット・らっぱなどを用い、小人数で通俗曲を奏する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じんたの関連キーワードあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。膝の半月板、靱帯などの損傷(膝内障)膝関節のしくみの特徴頸椎後縦靱帯骨化症吉田神社(茨城県)トミージョン手術柔ら・軟ら・和ら変形性足関節症大腿ヘルニア鼠径ヘルニアクラリネット頸肩腕症候群PRP治療糂粏・糝汰テーピングエラスチンランナー膝氷川神社寸進尺退膠原線維

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じんたの関連情報