コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山久二郎 おやま ひさじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山久二郎 おやま-ひさじろう

1905-1984 昭和時代の出版人。
明治38年9月7日生まれ。安倍能成の甥(おい)。岩波書店につとめた後,昭和8年小山書店を創立。16年に出版した下村湖人の「次郎物語」がベストセラーとなる。25年刊行の「チャタレイ夫人の恋人」(伊藤整訳)が,わいせつ文書として告発され,最高裁判決で有罪とされた。昭和59年1月12日死去。78歳。愛媛県出身。法大中退。自伝に「ひとつの時代」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小山久二郎の関連キーワードチャタレー事件チャタレイ事件チャタレー裁判小山 久二郎昭和時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android