コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次郎物語 じろうものがたり

4件 の用語解説(次郎物語の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じろうものがたり【次郎物語】

長編小説。下村湖人作。1941年(昭和16)~54年刊。主人公の幼児期から青年期にかけての成長を、理想主義的筆致で描く自伝的教養小説。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じろうものがたり〔ジラウものがたり〕【次郎物語】

下村湖人の自伝的長編小説。5部作。幼少期に里子に出された少年、次郎の成長を描く。第1部は大日本青年団の機関紙「青年」に昭和11年(1936)より連載。単行本は昭和16年(1941)刊行。以後、第2部から第5部までが順次刊行された。第6部以降についても構想があったが、著者の死により未完に終わる。映像化作品も多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

次郎物語【じろうものがたり】

教育家下村湖人作の小説。1941年―1954年に第5部まで刊行され,第7部まで続く予定だったが,著者の死で中絶した。里子に出され,また継母を迎えたりした少年次郎がやがて中学に入り,社会に目を開いていく,その精神の遍歴を描いた自伝的教養小説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

次郎物語
じろうものがたり

下村湖人(しもむらこじん)の長編小説。全5部。作者の自伝的要素を含む作品で、1936年(昭和11)大日本連合青年団の機関誌『青年』に第1部を連載、41年に出版されると圧倒的好評をもって迎えられ、まもなく映画化されて反響をよんだため続編を執筆、第2部は42年、第3部は44年、第4部は49年、第5部は53~54年に書かれたが、作者の死により未完となった。次郎という一少年を主人公に、彼が里子に出されて、母性愛に飢え、反抗心を抱く話を第1部として、次郎の精神の成長がたどられている。本来は児童文学として書かれたものではないが、山本有三(ゆうぞう)の『路傍の石』とともに、少年向き教養小説の双璧(そうへき)とされている。[上笙一郎]
『『次郎物語』(旺文社文庫・角川文庫・春陽堂少年少女文庫・新潮文庫) ▽明石晴代著『「次郎物語」に賭けた父・下村湖人』(1970・読売新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

次郎物語の関連キーワード北村湖元下村湖人下村摂貞教養小説マカレンコ教育家教育者下村掌編小説小山久二郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

次郎物語の関連情報