次郎物語(読み)じろうものがたり

大辞林 第三版の解説

じろうものがたり【次郎物語】

長編小説。下村湖人作。1941年(昭和16)~54年刊。主人公の幼児期から青年期にかけての成長を、理想主義的筆致で描く自伝的教養小説。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

じろうものがたり〔ジラウものがたり〕【次郎物語】

下村湖人の自伝的長編小説。5部作。幼少期里子に出された少年、次郎の成長を描く。第1部は大日本青年団の機関紙「青年」に昭和11年(1936)より連載。単行本は昭和16年(1941)刊行。以後、第2部から第5部までが順次刊行された。第6部以降についても構想があったが、著者の死により未完に終わる。映像化作品も多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

次郎物語【じろうものがたり】

教育家下村湖人作の小説。1941年―1954年に第5部まで刊行され,第7部まで続く予定だったが,著者の死で中絶した。里子に出され,また継母を迎えたりした少年次郎がやがて中学に入り,社会に目を開いていく,その精神の遍歴を描いた自伝的教養小説

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

次郎物語
じろうものがたり

下村湖人(しもむらこじん)の長編小説。全5部。作者の自伝的要素を含む作品で、1936年(昭和11)大日本連合青年団の機関誌『青年』に第1部を連載、41年に出版されると圧倒的好評をもって迎えられ、まもなく映画化されて反響をよんだため続編を執筆、第2部は42年、第3部は44年、第4部は49年、第5部は53~54年に書かれたが、作者の死により未完となった。次郎という一少年を主人公に、彼が里子に出されて、母性愛に飢え、反抗心を抱く話を第1部として、次郎の精神の成長がたどられている。本来は児童文学として書かれたものではないが、山本有三(ゆうぞう)の『路傍の石』とともに、少年向き教養小説の双璧(そうへき)とされている。[上笙一郎]
『『次郎物語』(旺文社文庫・角川文庫・春陽堂少年少女文庫・新潮文庫) ▽明石晴代著『「次郎物語」に賭けた父・下村湖人』(1970・読売新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じろうものがたり ジラウものがたり【次郎物語】

小説。下村湖人作。昭和一一~二九年(一九三六‐五四)成立。未完。兄と弟に対する祖母の偏愛の中で、極端にゆがんだ幼少年期を送った本田次郎の成長を五部に分けて描く。作者の自伝的小説で、特に少年時代の心理描写にすぐれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

次郎物語の関連情報