コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山隆 こやま たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山隆 こやま-たかし

1900-1983 昭和時代の社会学者。
明治33年4月5日生まれ。高岡高商教授をへて阪大,東洋大などの教授を歴任。富山・岐阜県境の村の大家族構造を調査して大家族制実態究明戦後も家族の変容などを研究・分析した。昭和39年日本社会学会会長。昭和58年8月4日死去。83歳。岡山県出身。東京帝大卒。編著に「現代家族の研究」「現代家族の役割構造」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小山隆
こやまたかし
(1900―1983)

社会学者。専攻は家族社会学。明治33年4月5日岡山県に生まれる。東京帝国大学で綿貫哲雄(わたぬきてつお)のもとに社会学を学び、1928年(昭和3)高岡高等商業学校教授となる。在職中に行った富山県五箇山(ごかやま)(現、南砺(なんと)市)、岐阜県白川村、荘川(しょうかわ)村(現、高山市荘川町)の「大家族」の調査研究により、研究者としての地位を確立した。第二次世界大戦後は大阪大学、東京都立大学、東洋大学教授を歴任、また1964年(昭和39)には日本社会学会会長に就任した。そのほか家族問題研究会の創設(1955)、1965年の第9回国際家族セミナー(東京)の開催など、戦後日本の家族研究のリーダーとして優れた業績を残し、後進に大きな影響を与えた。昭和58年8月4日死去。[増田光吉]
『小山隆編『現代家族の研究』(1960・弘文堂/2008・日本図書センター) ▽小山隆編『現代家族の役割構造』(1967・培風館) ▽小山隆編『現代家族の親子関係』(1973・培風館) ▽小山隆著『軌跡五十年』(1980・御茶の水書房) ▽小山隆著、家族問題研究会編『山間聚落の大家族――越中五箇山・飛騨白川村の実証研究』(1988・川島書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小山隆の関連キーワード東京都立大学ボランティア家族周期昭和時代

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小山隆の関連情報