小川洋子(読み)オガワヨウコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川洋子 おがわ-ようこ

1962- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和37年3月30日生まれ。川崎医大につとめ,昭和61年退職し結婚。63年デビュー作「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞。平成3年「妊娠カレンダー」で芥川賞。16年「博士の愛した数式」で読売文学賞,「ブラフマン埋葬」で泉鏡花文学賞。18年「ミーナ行進」で谷崎潤一郎賞。25年「ことり」で芸術選奨文部科学大臣賞。同年坪内逍遥大賞。岡山県出身。早大卒。作品はほかに「完璧な病室」「アンジェリーナ」「(ひそ)やかな結晶」「薬指標本」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小川洋子の関連情報