コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊山潤 さかきやま じゅん

2件 の用語解説(榊山潤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊山潤 さかきやま-じゅん

1900-1980 昭和時代の小説家。
明治33年11月21日生まれ。大正13年時事新報社にはいり,のち文筆活動に専念。昭和15年長編小説「歴史」で新潮社文芸賞。戦後「明智光秀」「ビルマ日記」などを発表した。昭和55年9月9日死去。79歳。神奈川県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

榊山潤
さかきやまじゅん
(1900―1980)

小説家。横浜市生まれ。生家の没落による放浪生活を経て時事新報社に入り、のち退社して小説に専念する。とくに長編小説『歴史』(1938~40。戦後にも続編)は、明治維新前後の福島二本松藩士を中心に、歴史に翻弄(ほんろう)される人間の運命を見据えて歴史小説に新境地を開き、第3回新潮社文芸賞を受賞した。戦後は、占領軍による厳しい検閲のショックや健康上の理由から、一時は創作を離れたが、その後『石原莞爾(かんじ)』(1952)、『明智光秀(あけちみつひで)』(1955)等の伝記ものや、従軍体験に基づく『ビルマ日記』(1963)等を発表した。[宗像和重]
『『歴史』(1983・叢文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

榊山潤の関連キーワード桜田常久穂積驚西東登添田さつき寺崎浩納言恭平野沢純美川きよ横山美智子今村夏子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

榊山潤の関連情報