コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無産階級 ムサンカイキュウ

大辞林 第三版の解説

むさんかいきゅう【無産階級】

生産手段をもたず、自らの労働によって得た賃金で生活している階級。無産者階級。プロレタリアート。 ⇔ 有産階級

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無産階級の言及

【無産政党】より

…戦前日本の合法的な社会主義政党および社会民主主義政党の総称で,日本共産党は含まない(図)。1918年の米騒動以後民衆諸階層の組織化が進んだが,20年ごろから労働者階級とその他被支配階級を全体として無産階級という言い方が一般化した。
[歴史]
 1922年に発表された共産党の指導者山川均の論文《無産階級運動の方向転換》は,日本の革命運動の大衆化とともに,民衆運動の政治闘争化をめざしたものである。…

※「無産階級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無産階級の関連情報