小松茂美(読み)コマツシゲミ

  • 小松茂美 こまつ-しげみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1925-2010 昭和後期-平成時代の古筆学者。
大正14年3月30日生まれ。昭和28年東京国立博物館にはいり,独学で平安朝の仮名書跡を研究,古筆学を体系化した。41年「平安朝伝来の白氏文集と三蹟の研究」で学士院賞。「平家納経の研究」の完成をふくむ古筆研究の体系化で55年朝日賞。同博物館美術課長を最後に61年退官し,古筆学研究所を設立,主宰。平成22年5月21日死去。85歳。山口県出身。柳井中学卒。著作はほかに「古筆学大成」「平家納経 平清盛とその成立」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android