コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泉親彦 こいずみ ちかひこ

2件 の用語解説(小泉親彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小泉親彦 こいずみ-ちかひこ

1884-1945 大正-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治17年9月9日生まれ。衛生学を専攻。陸軍にはいり,軍医総監,陸軍省医務局長となる。昭和12年軍医中将。厚生省設置につくし,16年厚相となって結核予防政策などをすすめた。戦後戦犯としての取り調べを前に昭和20年9月13日自殺。62歳。福井県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こいずみちかひこ【小泉親彦】

1884‐1945(明治17‐昭和20)
陸軍軍医。厚生行政に従事。福井県生れ。陸軍軍医小泉親正の三男。1929年長兄親治の養子となる。東大卒後陸軍に入り,陸軍軍医学校校長(1933),陸軍軍医総監(1934),陸軍省医務局長(1934)などを歴任,陸軍軍医中将(1937)となる。戦時色が強くなっていくなかで,国民の体位向上に努力,強兵健兵対策に尽くした。厚生省誕生にあたって大きな力を注ぎ,その設立の功労者で,41年から3年間厚生大臣となったが,医師出身としては最初の厚生大臣で,結核の予防・撲滅など衛生行政に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小泉親彦の関連キーワード小山栄達太田三郎広江八重桜I‐20AB大塚惟精杵屋佐吉(4代)二宮治重長谷川久一真下俊一矢川ミキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone