コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原一庵 おがさわら いちあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原一庵 おがさわら-いちあん

?-? 江戸時代前期の武士。
幕臣。慶長8年(1603)江戸幕府が任命した初代の長崎奉行となる。唐通事役の設定,糸割符(いとわっぷ)制定による外国貿易の管理などをおこなった。また正覚寺の創建など,長崎仏寺の再興につくした。名は為信。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おがさわらいちあん【小笠原一庵】

江戸初期の旗本,長崎奉行。生没年不詳。為信,剃髪して一庵。豊臣秀吉が任じていた初代長崎奉行寺沢広高の罷免とともに,1603年(慶長8)4月江戸幕府の任じた最初の長崎奉行となり,法印に叙され,与力10騎をつけられた。長崎在住の明人馮六を登用して唐通事役を設け,糸割符の制定,将軍御用白糸の調達にあたり,正覚寺建立に尽力して長崎の仏寺再興の初めとされる。05年の退任には異説もある。【中村 質】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小笠原一庵の関連キーワード高木作右衛門(初代)道智(2)将軍糸幕臣

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android