コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原宗康 おがさわら むねやす

1件 の用語解説(小笠原宗康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原宗康 おがさわら-むねやす

?-1446 室町時代の武将。
小笠原政康の長男。信濃(しなの)伊那松尾(長野県飯田市)に勢力をはる。父の死後,家督を従兄弟小笠原持長とあらそい,文安2年幕府の裁定で信濃守護となる。府中(松本市)を本拠とする持長との抗争はつづき,文安3年3月漆田原(長野市)の戦いで敗死。死後,家督は弟の光康がついだ。通称は松尾五郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原宗康の関連キーワードWIN5ハングル壒嚢鈔ハングル足利義政飯尾為数大内政弘快元菊池持朝渋川満頼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone