コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野 アンナ アンナ オノAnna Ono-Bubnova

20世紀西洋人名事典の解説

小野 アンナ
アンナ オノ
Anna Ono-Bubnova


1897.4.1 - 1979.5.8
ソ連(ロシア),日本のバイオリン奏者,音楽教育家。
元・武蔵野音楽大学教授。
ペテルブルグ生まれ。
旧名アンナ ブブーノヴァ。
6才よりピアノを、10才よりヴァイオリンを学び、ペテルブルグ音楽院でアウェルに学んだ。1917年に小野俊一と結婚し来日、小野アンナ音楽教室を主催し、器楽の早期教育を提唱した。’46年より武蔵野音楽大学教授となり、桐朋学園短期大学音楽科でも教えた。’60年に帰国した。「ヴァイオリン音階教本」(’48年)を書いている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

20世紀日本人名事典の解説

小野 アンナ
オノ アンナ

大正・昭和期のバイオリン教師



生年
1894年4月1日

没年
1979年5月8日

出生地
ロシア・サンクトペテルブルク

旧姓(旧名)
ブブノワ アンナ〈Bubnova Anna〉

主な受賞名〔年〕
勲四等瑞宝章〔’59年〕

経歴
6歳よりピアノを、10歳よりバイオリンを学び、ペテルブルク音楽院でレオポルド・アウアーに師事、“フリー・アーティスト”の称号を得た。レニングラード(現・サンクトペテルブルク)に遊学していた小野俊一と結婚し、1918年来日。’35年離婚後も日本にとどまり、小野アンナ音楽教室を主宰、日本のバイオリン演奏の進展に寄与した。’46年より武蔵野音楽大学教授を務めた。’60年ソ連に帰国。教え子に、諏訪根自子巌本真理前橋汀子ら日本を代表するバイオリニストがいる。著書に「ヴァイオリン音階教本」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

小野 アンナ
オノ アンナ


職業
バイオリン教師

旧名・旧姓
ブブノワ アンナ〈Bubnova Anna〉

生年月日
1894年 4月1日

出生地
ロシア・サンクトペテルブルク

経歴
6歳よりピアノを、10歳よりバイオリンを学び、ペテルブルク音楽院でレオポルド・アウアーに師事、“フリー・アーティスト”の称号を得た。レニングラード(サンクトペテルブルク)に遊学していた小野俊一と結婚し、1918年来日。’35年離婚後も日本にとどまり、小野アンナ音楽教室を主宰、日本のバイオリン演奏の進展に寄与した。’46年より武蔵野音楽大学教授をつとめた。’60年ソ連に帰国。教え子に、諏訪根自子、巌本真理、前橋汀子ら日本を代表するバイオリニストがいる。著書に「バイオリン音階教本」がある。

受賞
勲四等瑞宝章〔1959年〕

没年月日
1979年 5月8日

家族
姉=ブブノワ ワルワーラ(画家・ロシア文学者)

伝記
うたからはいるバイオリンのおけいこ 豊田 稔 編著(発行元 ドレミ楽譜出版社 ’99発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

小野 アンナ (おの あんな)

生年月日:1896年3月14日
大正時代;昭和時代のバイオリニスト
1979年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

小野 アンナの関連キーワードランダウ(Lev Davidovich Landau)徳永 兼一郎7月27日永峰 秀樹小野 俊一巌本 真理昭和時代生年月日潮田益子芥川賞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android