コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪根自子 すわねじこ

4件 の用語解説(諏訪根自子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諏訪根自子
すわねじこ

[生]1920.1.23. 東京
[没]2012.3.6. 東京
バイオリニスト。本名大賀根自子。4歳でバイオリンを始め,ロシアの名教育者である小野アンナや名手アレクサンドル・Y.モギレフスキーに師事。巨匠エフレム・ジンバリストに才能を認められ,12歳でリサイタルデビュー。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すわ‐ねじこ〔すは‐〕【諏訪根自子】

[1920~2012]バイオリニスト。東京の生まれ。本姓、大賀。小野アンナ、モギレフスキーに師事。12歳でデビュー。昭和11年(1936)にベルギーへ留学し、その後もパリやベルリンなどで活動。第二次大戦後に帰国した後は、日本国内で活躍した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪根自子 すわ-ねじこ

1920-2012 昭和-平成時代のバイオリニスト。
大正9年1月23日生まれ。小野アンナ,モギレフスキーに師事。12歳の初リサイタルで天才少女と評判になった。昭和11年ヨーロッパに留学,20年帰国。井口基成,安川加寿子らと共演,35年ごろまで活躍したのち,ステージからとおのいたが,58年にカムバック。平成24年3月6日死去。92歳。東京出身。本名は大賀根自子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

諏訪根自子

日本人として初の国際的バイオリニスト。1920年1月23日生まれ、2012年3月6日没。3歳でバイオリンを始め、12歳でコンサートデビュー。36年、16歳にして外務省の後援でベルギーに留学し、36年ヨーロッパデビューを果たしたが、39年、第二次世界大戦が勃発。42年、パリからドイツに移住する。翌年、クナッパーツブッシュ指揮のベルリン・フィルハーモニーオーケストラという世界最高峰のペアと共演し、ナチス・ドイツの宣伝相ゲッベルスよりバイオリンの名器ストラディバリウスを贈られた。戦争の最中、パリとドイツを中心に活躍し、類い希な演奏力と天性の美貌もあいまって人気を集めたが、ベルリン陥落後、米国に拘束され、45年の終戦とともに帰国。その後も日本で演奏活動を続けたが、60年ころに第一線を退き、以降伝説の人物となっていた。たが81年、突如バッハの「無伴奏バイオリンのためのソナタパルティータ」の新録音を出し、再び大きな注目を集める。12年9月、脳梗塞後遺症のため死去していたことが報道された。享年92。

(2012-09-26)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

世界大百科事典内の諏訪根自子の言及

【バイオリン】より

…大正時代にはジンバリストEfrem Zimbalist(1889‐1985),F.クライスラー,J.ハイフェッツなどの名演奏家が多数来日し,バイオリンへの関心が高まった。しかしバイオリンが一般化したのは昭和にはいってからであり,第2次世界大戦直前の時期には諏訪根自子,巌本真理,江藤俊哉,岩淵竜太郎などの演奏家が活躍している。第2次大戦以後,演奏,製作技術は急速な進歩を遂げ,バイオリンが衰退しつつあるヨーロッパに代わって,世界各国で独奏家としてまた交響楽団の一員として活躍する日本人演奏家が増大している。…

※「諏訪根自子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

諏訪根自子の関連キーワード宣誓阿見201久仁明心憎い粕屋(町)周遊券ポエニ戦争大下 弘フルハイビジョンフルHD

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諏訪根自子の関連情報