小野アンナ(読み)おの アンナ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野アンナ おの-アンナ

1896-1979 ロシアのバイオリニスト。
1896年3月14日生まれ。ブブノワの妹。ペテルブルグ音楽院でバイオリンをまなぶ。1917年留学中の小野俊一と結婚し,来日して音楽教室を主宰。昭和21年武蔵野音楽学校(現武蔵野音大)教授となる。門弟に巌本真理(いわもと-まり),諏訪根自子(すわ-ねじこ)ら。35年に帰国。1979年5月8日死去。83歳。本名はAnna Boubnova。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android