小野アンナ(読み)おの アンナ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野アンナ おの-アンナ

1896-1979 ロシアのバイオリニスト。
1896年3月14日生まれ。ブブノワの妹。ペテルブルグ音楽院でバイオリンをまなぶ。1917年留学中の小野俊一と結婚し,来日して音楽教室を主宰。昭和21年武蔵野音楽学校(現武蔵野音大)教授となる。門弟に巌本真理(いわもと-まり),諏訪根自子(すわ-ねじこ)ら。35年に帰国。1979年5月8日死去。83歳。本名はAnna Boubnova。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android