小阿仁川(読み)こあにがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「小阿仁川」の解説

小阿仁川
こあにがわ

秋田県北部を西流する米代川(よねしろがわ)の支流。延長約50キロメートル。流域面積336平方キロメートル。太平山(たいへいざん)に源を発する旭又沢(あさひまたさわ)が多くの沢を集めながら北流して小阿仁川となり、北秋田市の合川(あいかわ)地区にある羽根山(はねやま)付近で阿仁川に合流する。餌刺岱(えさしたい)付近から谷底平野が広がり、上流に多目的ダムの萩形ダム(はぎなりだむ)がある。流域一帯には秋田杉の美林が多い。

[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「小阿仁川」の解説

小阿仁川
こあにがわ

秋田県北部を流れる米代川の支流。太平山に発し,北秋田市北西部で阿仁川と合し,米代川に注ぐ。全長約 50km。流域一帯は秋田杉の美林で,上流には多目的ダムの萩形 (はぎなり) ダムがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android