コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北秋田市 きたあきた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北秋田〔市〕
きたあきた

秋田県中北部,森吉山麓から阿仁川に沿って鷹巣盆地に広がる市。 2005年鷹巣町,森吉町,阿仁町,合川町が合体して市制。中心市街地の鷹巣は,寛永年間 (1624~44) 開拓の新田集落から発展,米代川河港は,米,木材の重要な集散地であった。奥羽本線,阿仁合線 (現秋田内陸縦貫鉄道) の開通後は商業が発達した。市域の大部分を山地が占め,木材を生産し製材が行なわれる。酪農も盛ん。南東部の森吉山を中心とする一帯は森吉山県立自然公園に属し,天然秋田杉の美林地帯にある桃洞 (とうどう) ・佐渡のスギ原生林は国の天然記念物。北部を JR奥羽本線,国道7号線が通り,秋田内陸縦貫鉄道と国道 105号線が南北に縦貫する。北部に大館能代空港がある。面積 1152.76km2。人口 3万3224(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北秋田市の関連情報