少丁(読み)しょうてい

  • しょうちょう
  • しょうちょう セウチャウ
  • しょうちょう〔セウチヤウ〕
  • しょうてい セウ‥
  • しょうてい〔セウ〕

大辞林 第三版の解説

しょうてい少丁
大宝令制で、一七歳から二〇歳までの男子。調・庸よう・徭役ようえきの負担は正丁せいていの四分の一。養老令制では中男ちゆうなんという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 大宝令制で、一七歳以上二〇歳以下の男子の称。正丁の四分の一の税を負担した。養老令制では中男(ちゅうなん)という。女子の「少女②」にあたる。
※正倉院文書‐大宝二年(702)筑前国嶋郡川辺里戸籍「男卜部久漏麻呂、年拾玖歳。少丁、嫡子」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

大宝令で規定された17〜20歳の男子
養老令では中男という。調雑徭は正丁の4分の1を課せられた。757年には18〜21歳に改められた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の少丁の言及

【課丁】より

…律令では21歳から60歳までの男子を正丁とし,正丁に対して課役を賦課するのを賦役制度の基本とした。また61歳から65歳の男子を老丁,17歳から20歳までの男子を中男(大宝令では少丁)とし,老丁は残疾(21~60歳の軽度の身体障害者)とともに次丁とされ,正丁の課役の量の2分の1を課せられ,中男は正丁の4分の1を課せられた。したがって,正丁数に換算された課丁数を確保することが,律令国家の財政の基本となり,課丁数の増減は国司や郡司の勤務評定の重要なデータとされた。…

※「少丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android