コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尻別岳 しりべつだけ

1件 の用語解説(尻別岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尻別岳
しりべつだけ

北海道西部にある火山。標高 1107m。喜茂別町,真狩村,留寿都村の境に位置する。安山岩質の溶岩から成る溶岩円頂丘 (鐘状火山) 。浸食が進んで放射状の谷が発達し,山麓には扇状地,崖錐が分布。北西にそびえる羊蹄山 (マツカリヌプリ) を後方羊蹄山と呼ぶのに対し,尻別岳を前方羊蹄山という場合もある。山麓はジャガイモ,テンサイ,アスパラガスなどの畑作地域。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

尻別岳の関連キーワード羊蹄山

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尻別岳の関連情報