コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜茂別町(読み)きもべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜茂別〔町〕
きもべつ

北海道西部,尻別川の上流域にある町。羊蹄山の東麓,支笏湖の西方に位置する。 1952年町制。地名はアイヌ語のキモーベツ (奥のほうの川,または山間の川の意) に由来。 1904年頃から移住者が増加。主産業は,ジャガイモ,アスパラガスなどの畑地農業で,養豚などの畜産も行われる。アスパラガスの生産から缶詰までの一貫作業を行う工場がある。札幌市との境界の中山峠 (836m) は,羊蹄山,ニセコ連峰,札幌岳などを一望できる景勝地で,スキー場や体育館がある。羊蹄山の高山植物群落は天然記念物。国道 230号線,276号線が通る。面積 189.41km2(境界未定)。人口 2294(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜茂別町の関連情報