コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎雅嘉 おざき まさよし

7件 の用語解説(尾崎雅嘉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

尾崎雅嘉

江戸後期の国学者。大阪生。通称春蔵、字は有魚、号は蘿月・華陽・春の舎・春陽軒。奥田尚斎に儒学を学ぶ。のち契沖の著作についてまなんで国学をおさめる。あらゆる和漢の書を読みあさり、漢籍に精通し、また和歌にも長けた。著書に『群書一覧』がある。文政10年(1827)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おざき‐まさよし〔をざき‐〕【尾崎雅嘉】

[1755~1827]江戸後期の国学者。大坂の人。通称、春蔵。号、蘿月・華陽。和漢のほか歌もよくした。著「群書一覧」「百人一首一夕話(ひとよがたり)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎雅嘉 おざき-まさよし

1755-1827 江戸時代中期-後期の国学者。
宝暦5年生まれ。奥田尚斎に儒学をまなぶ。のち契沖(けいちゅう)の著作についてまなんで国学をおさめ,和書の書誌解題「群書一覧」や「続異称日本伝」などおおくの著作をのこした。文政10年10月3日死去。73歳。大坂出身。字(あざな)は有魚。通称は春(俊)蔵。号は華陽,蘿月庵,春の屋,博古知今堂。著作はほかに「事物博採」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尾崎雅嘉

没年:文政10.10.3(1827.11.21)
生年:宝暦5(1755)
江戸中・後期の国学者。字有魚。通称春蔵(俊蔵)。号は蘿月,博古知今堂,華陽。大坂の人。父は医師であったというが伝未詳。雅嘉は奥田元継に儒学を学び,21歳の安永4(1775)年に刊行された『浪華郷友録』には儒家として登載。ただし儒者としての活動はこのころまでで,和歌国学をもって次第に名を現すに至る。『千首部類』や『増補和歌明題部類』のような和歌の部類から入り,やがて古今和歌集の俗語訳『古今和歌集鄙言』へと進み,この系列の仕事が没後刊行されて大いに行われた『百人一首一夕話』(1833)に結実することになる。雅嘉の本領は,和歌や古典の解釈に沈潜するよりも文献資料を収集し編集する方に最もよく発揮された。和書の書誌解題として質量ともに江戸時代を代表する『群書一覧』は圧倒的な評価を受け,版を重ねたし,『続異称日本伝』や『事物博採』は,写本のまま伝わるが,規模の大きさと資料の博捜とで,雅嘉一代の著述と称するに足る。和歌にも優れていたといわれるが作品は少ない。上方の文人との交遊は繁く,木村蒹葭堂香川景樹一門との関係は注目される。文献学者として雑学に終始した点は惜しまれるが,後世に裨益する所大である。<参考文献>管宗次「尾崎雅嘉年譜」(『青山語文』12号),同『群書一覧研究』

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おざきまさよし【尾崎雅嘉】

1755‐1827(宝暦5‐文政10)
江戸後期の国学者。大坂の人。通称俊蔵,号は蘿月。家業はもと医者,一説に書店。はじめ奥田尚斎について儒学を修め,のち独学で和漢の書を渉猟した。博覧強記をもって知られ,とくに雅嘉が最も心血を注いだ《続異称日本伝》や国書の解題集である《群書一覧》は名高い。また歌学にも秀で,《古今和歌集鄙言(ひなことば)》《百人一首一夕話》はよく流布した。家集に《蘿月庵歌文集》がある。【鈴木 淳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おざきまさよし【尾崎雅嘉】

1755~1827) 江戸後期の国学者。号、華陽など。大坂で書店を営み、また歌をよくした。著「百人一首一夕話」「群書一覧」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾崎雅嘉
おざきまさよし

[生]宝暦5(1755).大坂
[没]文政10(1827).10.3. 大坂
江戸時代後期の国学者。号は蘿月庵,華陽。初め儒学を学び壮年には医を業としつつもっぱら和学を唱えた。主著『群書一覧』『百人一首一夕話』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾崎雅嘉の関連キーワード安部和貞戒言大垣久雄名倉安興橋村正令佐倉真邦桜井信景国学者鶴峰戊申堀江宗彰

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone